top of page

三重県志摩地区、地域活性化に貢献中?

2023年2月、三重県志摩地区の自然を生かし、地域活性化プロジェクトに参加しています。2か月に一度のペースでそれぞれの会社、団体のリーダーたちが志摩地区の会議室に集合します。しかし、自然を生かした地域活性化を目指しているのですから、やはり、自然に触れながらの方が、いいアイディア浮かびますね。


という事で?行われた懇親会にPICNICAR(ピクニカ)のメンバー全員で行ってきました(笑)今年5月に改装中だったコンテナハウスもリニューアルされ、快適な空間に様変わりしています。


ここ、志摩オートキャンプ場は、本格的なキャンプから、手ぶらで気軽に楽しめるキャンプまで幅広い方にご利用いただけると思います。




今回はキャンプ場のスタッフが食材を準備してくださったので、おなか一杯に食べることが出来ました(笑)。写真にはありませんが、海鮮もキャンプ場受付でその日に予約すれば、新鮮な魚介を夕方届けてくれます。こんなサービスも嬉しいですね。


PICNICAR(ピクニカ)では、とにかく手軽にアウトドアやキャンプを楽しんでもらいたい、そんな思いで商品開発をしています。




一番人気のチェアーは、10月14日よりVer.3(takibi)が販売されました。難燃の生地を使用しています。焚火をすると、なぜか心が落ち着きますね。キャンプファイヤーって楽しかった思い出ありませんか?しかし、風が吹くと、どうしても火の粉が飛んでしまい、心配ネタが出てしまいます。新しいVer.3(takibi)は、癒しの効果とともに、ゆったりと座っていただけると思います。


そして、見上げた空は、満天の星☆  こうして、時々、自然に触れ、ゆったりとした時間を過ごすという贅沢も、あなたの生活に取り入れてみませんか? 地域活性化に貢献中と言いながら、商品開発など日々の仕事に追われているスタッフにはご褒美のような時間を過ごすことが出来ました。


この文章を書いている人:天田(コンシューマ事業部)

Comentarios


bottom of page