top of page

志摩オートキャンプ場にて販売のお手伝い、地域貢献をしながら自分たちも楽しんじゃう

今年のゴールデンウイーク、どのように過ごされましたか? キャンプシーズン到来、新型コロナも5類になり、少しずつですがマスクを外せる場面が増えてきました。 PICNICAR(ピクニカ)は、5月3日~5日と志摩オートキャンプ場のお手伝いをさせていただきました。

今年3月にPICNICARの母体である大起産業㈱が、三重県志摩市と「観光振興と地域活性化推進に関する連携協定」を締結。他に中日新聞社、百五銀行、三十三銀行、桑名三重信用金庫などが参加されています。伊勢志摩国立公園の自然を生かし、持続可能な集客を図る目的です。

その一環として、志摩オートキャンプ場の老朽化したトレーラーハウスのリニューアルや、施設の活性化をしていくそうです。


今回は、今まで管理棟や倉庫に眠っていたレンタル品を特別販売しようという企画、どれも新品同様でいい品ばかり、お値打ち品が並んでいました。

販売のお手伝いをしつつ、大抽選会も企画し、なんと、1等賞は、PICNICARのレジャーワゴン、最新のチェアーを景品として提供させていただきました。





ゴールデンウイークということもあり、ファミリーでお越しくださったお客様が多かったのでお子様たちに大変喜んでいただけたました。


天気が良かったことはとてもありがたい事でしたが、炎天下にずっといたので、

夜にはスタッフヘロヘロ(笑)


志摩の海の幸、そして、三重のお肉をバーベキューしながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

特に海の幸は、管理棟で牡蠣、大あさり、伊勢えび、あっぱ貝を注文しておけば、新鮮なものを夕方までに届けてくれます。これはいいサービスですね。



志摩オートキャンプ場は、各スペースを広く取っているように思いました。間隔が広いのは贅沢な気分になれますね。また、チェックアウトとチェックインまでの間の時間で、ポータブルピザ窯を使って、ピザとパンを焼いてくださいました。試作品です。高温で一気に焼くからか、もっちもっちでとてもおいしかったです。今後ピザの販売が始まるか?もしくはそのポータブルピザ窯のレンタルか、どうなるか分かりませんが、海鮮以外にも楽しめるものが提供されるかもしれませんね。



コメント


bottom of page